1. >
  2. おやつは我慢せず、食べたら即カロリー消費!

おやつは我慢せず、食べたら即カロリー消費!

甘いものが大好きなので、食べるのを我慢しすぎるとストレスになってダイエットが長続きしません。

「美味しそうだな、食べたいな」と思ったら、素直に美味しくいただくようにしています。

その分、食べた後はすぐにカロリー表示付きの万歩計をつけてウォーキングに出掛けます。

摂取カロリー分を消費するまで音楽を聴きながらひたすら歩きまくります。

ケーキなどの糖分はすぐにエネルギーになってくれるので、食べて10分以内にウォーキングを始めてカロリーを消費し始めれば体重にひびくことはありません。

ショートケーキ1個分のカロリーを消費するだけでも1時間近く歩かなければならなくて、夏の暑い時期などは結構しんどいので、「今日は歩くのしんどいから食べるのやめとこう」とおやつへの欲求を抑える効果もあります。


ダイエットするにあたって注意しなければいけないこと

以下のことに注意すればダイエット成功間違いなしです。

朝・昼・夜きちんと3食、食事をとること。そして間食は原則行わないことです。

食事時間のサイクルを一定にすることで効率よく栄養(ビタミン・ミネラルなど)を吸収できます。

なので間食(とくにお菓子)してしまうと余計な糖・脂肪を吸収してしまうので体重増の一番の要因となってしまいます。

さらに糖・脂肪は非常に吸収率がいいので難消化性デキストリンの入ったもの(青汁など)を食後に取ることで糖や脂肪の吸収をおだやかにする働きがありますのでおすすめです。


咀嚼回数を増やすとダイエット+健康的!

おすすめダイエットは、「咀嚼回数を増やす」ことです。租借回数を増やすことによって、すぐに満腹感を味わうと同時に、消化がスムーズになり胃腸の調子が上がります。また、粗食回数を増やすと、早食いをすることができませんので、肥満防止にもつながります。顎をよく動かすことが多くなるので、体もポカポカしてくることも実感できると思います。健康にはいいことがたくさんあるので、ぜひ咀嚼回数を増やすことを取り入れてみてください。


プーアール茶ダイエット

わたしは、プーアール茶ダイエットというのをやったことがあります。朝昼夜とご飯を食べる前に必ず、コップ一杯のプーアール茶を飲んで、普通に食事をとるといったかんたんなダイエット方法です。そして、飲み物は、コーヒー・ジュース・お茶ではなく、すべてプーアール茶に変えるということもしました。プーアール茶を、飲む事によって脂肪吸収を抑えてくれて、半年間だわたしは4キロ体重を落とすことができたので、とてもオススメです。